×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 目にうっすら涙を浮かべている、彼を、ただ、冷静に見つめ、そして、口づけをした。
 甘く、深く、溶けるように、口づけをした。



 
  覚




「なにす……」

 言葉は最後まで言わせてやらなかった。

 暴れる宍戸の手首をつかんで、ロッカーに押しつけた。

 ガンッ……という、どこかを打ち付けたのであろう、結構痛そうな音がした。



 手首が少し、赤くなっている。
 離してやるべきか、いや、まだ離さない。

 強い目で俺を見る。
 たまらない。たまらない。どうしようか。

 考える内に、笑みがこぼれてくる。
 それを上手く隠そうとするが、どうにも上手くいかない。

「なに笑ってンだよ」

 やはり気づいたか。
 それならばと、遠慮無く口の端をあげて笑んだ。

 ますます彼は、不機嫌になっていく。
 たまらない。たまらない。愛おしくてたまらない。
 少しの時間でよいから、自分が触れたいと思う。……自分の方へ向かせたい。



 あいた、片方の手でその頬に触れる。
 ザワリと、彼が全身を強ばらせたことに気が付いた。
 しかし、気づかないふりをした。



(まだ、あかん。まだ、あかん)



 呪文のように、その言葉を唱える。
 しかし、欲望に駆られてしまいそうになる。



 顔を近づける。
 すると、目を大きくひらく。
 何故か、それをおかしいと感じてしまう。
 目にうっすら涙を浮かべている、彼を、ただ、冷静に見つめ、そして、口づけをした。
 甘く、深く、溶けるように、口づけをした。



 静かだった。
 無音に近いような気がした。
 誰も来ない。
 何もない。
 何もない……。



 そっと、唇を離して。
 ぼう然としている、彼をおいて、部室を出た。



 何かが、終わったような、そんな開放感があった。
 そして、まだ唇に残る感覚に、笑みをもらした。




 2002/07/15に書いた言葉。↓
「前に書いたのが大概恥ずかしかったため、書きました。
 前のは削除☆……前回よりはキャラをつかめたつもりです。」



 一体、この前はどんなものを書いていたんだよ、私!(思い出せないし、想像すら出来ないよ!)
 なんていうか……忍足さんのことを、私このときまだあんまり知らなくて(コミックで出てきてすぐくらいだと思うのよ、書いたの。氷帝ブーム前よ、きっと!)なんていうか、彼、ただの大阪弁(関西弁ですらない)のやらしー(?)兄ちゃんになって……ませんか?(謎)



 ええと、今回難しかったのは、タイトルの文字の配列です。(何かイマイチ仕組みが分からないよ。タグの)
 そういや、こんなCPに、電柱人さんハマってた時があったのねぇー。(笑)


MIKO ...2004/08/24