×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「きれいですね……」

 オレンジ色のあなたが。



花 火
h a n a b i



「室町くん」

 クラブが終わって、着替えてたら、千石さんに声をかけられた。

「なんですか?」

 制服のボタンを留め終えて、千石さんの顔を見てみると、ニィッて笑ってた。

「今日、ヒマ?」

「はぁ!?」

 突然のその問いに、思わず地になって言ってしまった。

「うわ、スイマセン。ええっと、とりあえず暇ですけど?」

「じゃあさぁ」

 耳に口を近づけて、ヒソヒソ声で千石さんは言った。



 ――――――花火、しよ。



 自転車に2人乗りして、近くのコンビニまで行って、花火を買った。

 そして、千石さんの言うとおりに進んで、河原まで行った。

 学校を出たときは、まだ、ほんのりと明るかったはずの空が、もう真っ暗になっていた。



「あ。マッチ忘れた……ましたね」
「ああ、そうか。 でも大丈夫だって。ライター持ってるから」

 どうして、持っているかなんて言う、そんな当たり前の問いかけはしない。
 それはよかったと、お子さま花火セットに付いていた小さなろうそくに火を付けた。

 オレンジ色の小さな光。
 千石さんとかぶった。



「きれいですね……」

 オレンジ色のあなたが。

「だね」

 うんうんって、頷きながら、しようよって、花火を渡してきた。
 お礼を言って、花火の先端に火を付ける。

 バシュっていう、火がつく音。
 ボウボウとなる、花火の音。

 花火を振り回してはしゃぐ、千石さんを見てたら、線香花火勝負を突然持ちかけられて、動かないようにそうっとじっとして、2人で勝負した。

 煙で、目が痛くなって涙が出そうになった。
 そしたら、ソレで目はカバーできないのかーと笑われた。

 悔しかったから、頑張って、涙が出そうなのを我慢した。



 ようやく、花火もなくなって、2本目のろうそくもなくなって、どちらとも言わずに帰ろうとした。



「室町くん」

「はい?」

「楽しかったね」

「はい」

「またしよっか?」

「はい……でも、その時はみんなでしませんか?」

「ど、して?」

「だって……」

 千石さんの独り占めは、なんだか許されないような気がしたなんて言えないから。

「だって、みんなでした方が楽しそうじゃないですか。打ち上げ花火とか」

「そっかぁ」

 ポンと、手を打って、千石さんは頷いた。

「でも、室町くんと2人で花火、してみたかったんだよね」

 ニィッて、いつもの笑いをして、さあ、かえろっかぁって言って、2人で並んで帰った。

 また、千石さんと花火をしたいと思った。

 また、2人だけでしたいと思った。



 3年(以上)前……。(初めて公開したのは2002/06/05らしい)
 ………………。
 はずかしすぎる。本当に。
 恥さらしだ、わ!いいんだいいんだ。わわわたし、まぞっこだから!(ぎゃあ!)
 それにしても室町君、元気かなぁ……。(最近彼を見かけないような気がする)


2005/06/26...MIKO